アクセスランキング

2006年05月16日

何を捨てて何を得るのか

ダイエットというのは、言葉の軽さにくらべて、その実わりと重いもんである。そう思ったり捉えたりするのはどうかと言う向きもあろうし、事実、ぼくの中でも、その基準点がゆらぐこともあるのだが、ある意味、本質はすべて揺らぎだと言うことで言い訳にさせてもらうことにしよう。

痩せていく過程で、ぼくは脂肪や筋肉や体重、ひいては身体を構成している主要なパーツをどんどん捨てていっているわけである。不必要だから捨てる、と言ってしまえばそれまでかもしれないが、必要なモノだけで自分が成立するとも思えず、ましてや仮にそれだけで成立してしまっている自分など、もはや自分ではないと思えるのも事実である。

とはいえ、自分が進もうとしているところに連れて行こうとは思わない荷物だという自分なりの認識があるからこそ、これらを捨てていくのだろう。

我ながら非情である。自分の中のどこにこれだけの厳しさがあったのかと、最近ふと思う。

この非情はなにを産むのか。非情はただその瞬間の情景に過ぎないのに、
感情の表れと思うがゆえ、その向こうになにか見えると期待してしまうのか。なにかを産みだしてこそだろうに。それがゆえ、その行くがままに。
posted by うまけん | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記:
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17902157
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ダイエット再開するのかな〜
Excerpt: 今日のサッカー練習は雨で中止。毎週楽しみなのに〜。
Weblog: toshio10
Tracked: 2006-05-28 20:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。