アクセスランキング

2006年10月07日

測量野帳を改造して痩せたよ


R0011382
Originally uploaded by shiraiken.

×ペンの収納ができない(とりあえずひっかけてある)

うまけんはこんなに痩せたよ: 測量野帳で痩せたよ


解決すべくさっそく改造してみた。

東急ハンズでゴムバンドを買ってきて、Moleskin風に巻いてみた。裏面に回っている部分は、ホチキスでガシガシとワイルドに。表は黒が入ることで印象が締まり、裏は無骨ながら野帳らしくなった。

見た目よりもなによりもうれしいのは、こうすることでページにペンを挟んだまま携帯することができること。ここ二日ばかり、最初の写真みたいに外にひっかけていたのだけれど、う〜ん悪くはないけれどやはり心許ない。尻ポケからの出し入れに、繊細さが要求されるのはいかんせんよろしくない。

この改造によって、心おきなく尻ポケに放り込むことができるわけである。バンドの向きをあえてMoleskin風の縦位置にしたのも、もちろんその動作を考慮してのこと。トラベラーズノート風に横向きというのもかっこいいんだけれど。やはりそこは使い勝手優先。ちょっとした動きのストレスをなくす。それどころか、その動きが快感とすらなる、そんなデザインを優先したわけである。

文房具:トラベラーズノート

うまけんはこんなに痩せたよ: 文房具:トラベラーズノート



これを期に、筆記具として久しぶりにオートのボールペンを復活させてみた。フランクリンから初代ほぼ日手帳の時代に、超愛用していた逸品。このところいまいち出番がなかったのだけれど、ようやくふさわしい舞台が見つかった。ニードルが生み出す書き心地は、これまた快感。

ペンを挟み込むことで、多少なりと表紙がたわむのだが、そこはそれ。ただ固いだけではないこの表紙が、実にしなやかに受け止めてくれる。これまた実に気持ちのよいカーブを描いてくれる。

ううむ、三日目にしてさらに愛着のます逸品である。

[PR]痩せすぎ注意!12キロ痩せた裏技ダイエット

投票する<<<-あなたの1票がオヤジダイエットのはげみ

posted by うまけん | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具:

2006年10月06日

測量野帳で痩せたよ


R0011377
Originally uploaded by shiraiken.
ひそかに好評な文房具シリーズ。
今回はコクヨの測量野帳。

なにしろ野帳である。フィールドノートなのである。表紙が固いから、机の上とかに置かなくてもすらすら書けるのである。立ったままノートに書くことなんてないだろうとか思うけど、メモだったら立ったままだって書くだろう。それすらもない、なんて輩には用はない。無用の長物なので聞くだけ無駄である。

以前から書き飛ばしているように、ぼくはマメではないがメモな人なのだ。というか、まだまだなのでもっともっとメモな人になりたいと思っている人なのだ。

このところずっと愛用していたのが、RHODIA"11。slip-onの革ケースに入れて、この写真にも写っているSIERRAの木製ボールペンSとの組み合わせは、いわゆる「メモ」としては完成形なのである。

ところがこれは良くも悪くも、ピッと切って使うタイプの、ほんとにいわゆるメモである。気軽に手軽に書きまくれる反面、どっかに転記しない限り、その場で終わってしまう。

今年前半は、これをほぼ日手帳に貼って保管してみたりしたけれど、これがどうにもこうにも自分の中で消化不良な感じがしてよろしくない。澱がたまっていくというかなんというか。

そこで、W-ZERO3を購入してデジタル化することで、メモを活かそうなんて企んだけど、これまたいかんせんうまくいかない。無尽蔵に書けるはずのデジタルメモにもかかわらず、やはり手書きの感触に勝る物なしなのである。困ったもんだ。

ということで、このところまたRHODIAに戻ってきていたのだけれど、やはり書きつけたメモの処理がどうもうまくいかない。ToDoやスケジュールなどは、必然的に転記するのだけれど、実はその辺は最初からcheckpadなんかにメールで送ってしまうので、そもそも書きつけもしなくなってきていた。

となると、フランクリンからほぼ日手帳へと受け継がれてきた、なんでもかんでも頭に浮かんだことを書いておく、という意味でのメモだけが書かれることになる。ところが、これはあまり系統立ってないから、転記する先がままならない。しょうがないからGmailなんかを駆使して、+idea宛で送ったりしてみたけれど、どうもなじまないものが出てくる。

この思索とかの類は、なんとなく時系列で書き連ねておきたい。そんな風に思い立った次第である。

本来その役割を果たすために、ほぼ日手帳を買ったはずである。が現在、ほぼ日手帳は、枕元でほぼ日記帳と化している。トモエリバーと万年筆の相性は抜群で、寝る前のひとときがいくとしつきになりかねないほど、とても気持ちのよい時間を過ごすことができる。

ほぼ日手帳は文庫サイズなので持ち運べなくはない=ズボンの尻ポケに入らなくはないものの、やはりちときつい。ちと、なので無理して持ち歩いた時期もあるが、やはり長続きしない。ちときついことをやり続けることほどつらいことはない。ダイエットだってなんだって極端なことをするから長続きするのである。毎日コーヒー一杯分だけでできることなんて、コーヒー飲んだってできるのだ。

手軽なRHODIAだとそのままになってしまうし、蓄積できるほぼ日手帳だと持ち運ぶのがちとめんどくさい。そこで見つけたのが、この測量野帳。文脈的にも文章的にもやっとたどり着いたわけである。

○40枚80ページなのに薄い
○これだけあれば、1日2ページ強とたくさん書ける
○メモとしても、仕事ノートしてもok
○表紙が固いからポケットにおさまりがよい
○尻ポケでもおさまりがよく反らない
×ペンの収納ができない(とりあえずひっかけてある)

まぁしばらくは慣れないながら使ってみるしかない。あらためてのレビューはまたそのうち、あるのかないのか。というわけで、今回は買うまでのいきさつをご紹介したに過ぎず、なんと言うことはない、ただの前書きである。あしからず。

コクヨ 測量野帳 TRANSIT BOOK
コクヨ 測量野帳 TRANSIT BOOK

[PR]痩せすぎ注意!12キロ痩せた裏技ダイエット

投票する<<<-あなたの1票がオヤジダイエットのはげみ

posted by うまけん | 東京 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 文房具:

2006年09月16日

リド マイクロプランナーで痩せたよ


R0010795
Originally uploaded by shiraiken.

とはいえ、買うために悩んでいるのか、悩むために買うのかすらわからなくなるのが、手帳選びの常。過去にフランクリンに手を出して以来、ずっと悩みつづけ試行錯誤しつづけているわけである。

うまけんはこんなに痩せたよ: ほぼ日手帳で痩せたよ


というわけで、試行錯誤の道が始まった。

なにかに導かれるように、帰り道、ふらふらと銀座 伊東屋へと足が向かった。着いてみたら、なんと手帳フェア開催中。これが俺を呼んでいたのか、としばし納得。

ほぼ日手帳の販売が開始されたので、にわかに手帳気分は高まっていたけれど、伊東屋が手帳フェアを開くほどの季節だとは思わなんだ。まだあと三ヶ月あるじゃないかなんて思うけど手帳好きは悩み好き(c)うまけんだけに、三ヶ月もあれでもないこれでもないと楽しく悩み続けられるというわけだ。来年のことを言うと笑うあの鬼も、一年の四分の一も笑ってる日にゃ腹筋が痙ろうってもんだ。

たとえば、ThinkPadを持っていないとき(休日のほとんど)、あるいは持っていても急な電話とかですぐに予定を確認したいとき、そんなときにはやはり紙の手帳に勝る物なし。

うまけんはこんなに痩せたよ: ほぼ日手帳で痩せたよ


この課題を解決したいが故に、RHODHIA"11と同じくらいのサイズで記入・閲覧が簡単なマンスリータイプのカレンダーを物色していた。

QUOVADISにもちょうどよいのがあったものの現在の予定頻度からすると、週間バーチカルに時間単位で記入するというほどの必要性がない。日単位での仕事が多いから、この日はなんかあったっけという確認ができればよいのだ。

というわけで、今回衝動買いをしたのがこれ。

リド マイクロプランナー
http://www.itoya-store.jp/store/ProductDetail.do;jsessionid=83E3C30C31EFBBFE094B6599F90B164A?pid=rido-0034

ミニプランナーのほうはかねてより有名で、どっかの証券会社の社長さんが愛用しているという記事も読んだことがある。あれはあれで、デザインも使い勝手(って同義語か)もかなりよさげだけど、こっちもこっちでかなりすごいのにほとんと紹介記事が見あたらない。もしかして新製品?

なんといってもこっちは83x95mmっていう極小サイズ。でもってこれはミニもそうだけどすごく薄い。たぶん3mmくらい。RHODHIA"11(+スリポン革ケース)と一緒に尻ポケに入れるのに、これほど相性がいいものはそうそうない。リフィルだけを抜き出して、革ケースの上にそのままはさんでもいけそう。

これでは、衝動買いするのも無理はないわけで。

ちなみに下に写っている黄色のラインがあるほうが、純正リフィル。当然のことながら来年のもの。早く使ってみたくて、自作したのが上のモノクロのやつ。久しぶりにFreehandなぞを使ってしまった。もはや手が忘れていてちょっとびっくり。いかんね、常になんかしら作って、いつでもなんでも作れるようにしとかないと。

[PR]痩せすぎ注意!12キロ痩せた裏技ダイエット

投票する<<<-あなたの1票がオヤジダイエットのはげみ

posted by うまけん | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具:

2006年05月30日

文房具:SiE+s インデックスファイル

060525.jpg

また文房具を衝動買い。

インデックスファイル。タブつきの5つのフォルダが一体型になっているようなデザインのフォルダ。

ハンズをぶらぶらしていたら、ちょうど新しいオリジナルブランド「SiE+s」が発表されたばかりで、ずらっと展示されていたのが運の尽き。というか運命の出会い。

このエンジとクリームの色の組み合わせにまず惹かれ、そういえば欲しかったんだよなこういうやつ、とほんとにそうだったのかどうか自分でもアヤシイ気持ちを再確認しだしたら、もうおしまい。気づいたら買ってしまいました。

この色がいい。他にもいろいろな組み合わせがあったけれど、この組み合わせが一番好き。今の記録構成だと使わないから買わないつもりだけれど、ノートとかバインダとか、全部この色で揃えたくなる。やばい。

最近はまっているGTD的に使えないかと試行錯誤中。三色フォルダでもよかったのだけれど、いかんせん漂流オフィスの身なれば、案件毎の資料を数件持ち運ぶ必要があったりして、でも資料フォルダを何個も持ち歩くほどでもないし、というぼくには5つくらいのタブがちょうどいい。と思いきや、タブの外側も使えるので、実質7つ。

インボックス、案件1、案件2、案件3、案件4、プライベート、紙入れ

これだけあれば十分。

東急ハンズ 「SiE+s(シエス)」
http://www.tokyu-hands.co.jp/news0602-1.htm

[PR]痩せすぎ注意!12キロ痩せた裏技ダイエット

投票する<<<-あなたの1票がオヤジダイエットのはげみ

posted by うまけん | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(2) | 文房具:

2006年05月18日

文房具:トラベラーズノート

DSCF4636-s2.jpg

渋谷ロフトで見かけて、すっごい気になっていたけれど、どうせ企画もんだからすぐにリフィルが手に入らなくなるだろうと思って、買わなかった一品。

ネットで見たら、それどころか、かなりちゃんとしたところが作っているものだとわかり、即購入

いやはや最高の質感。2~3mm厚の牛革。柔らかさといい、重みといい、しっとりした触感といい、最高。ゴムで止めるというデザインも、実に使いやすく、その行為すらも快感となる。構成しているパーツの些少たる部分までが、ちゃんと気を配っていることが伝わってくる完成度の高さ。

むはむはしてしまいます。

このところ手書きのときは、A4コピー用紙に記録しているのですが、こいつは困った。こっちを使いたくてしょうがなくなってしまいます。というか、買っちゃったし、もう使うしかないわけです。

いやはや参ってしまいます。

モールスキンはいいよなぁ、でも高いんだよねぇ。と思っていたぼくには、ぴったりのノート。リフィルは350円くらいなので、かなり気軽に書き飛ばせます。最近、W-ZERO3がようやく完成してきたので、できるだけデジタル化しようとがんばっていたのに、こいつは困った。これにラミーサファリを挿しておくとかっこよすぎる。そのへんのカフェにて鞄からさっとこれを取り出してなにやらメモっている姿なんて、ちょっとすてきすぎる。

いやはやもうどうしたものやら。

ミドリ トラベラーズノート

トラベラーズノート Traveler's notebook

[PR]痩せすぎ注意!12キロ痩せた裏技ダイエット

投票する<<<-あなたの1票がオヤジダイエットのはげみ

posted by うまけん | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(1) | 文房具:

2006年04月15日

文房具:Pelikano juniorとPost-it Card-Note

image/umaken-diet-2006-04-15T14:54:02-1.jpg

Pelikano junior

ドイツの子供は小学校に入るときにこれを買ってもらうとか。うちの娘にも訪れるその日に備えて、まずは父が検証をすべく購入。子供のためとあらば多少の出費などいとわないところが我ながらすてきである。いつしかそういう父の背中を見てなにかを感じてくれれば、父はそれだけで幸せなのだ。

正しい持ち方が身につくようにゆるい三角形になっている。ポップなデザインは見るだけでも楽しいが、持ったときのバランスもよく、書けばその滑らかさにうれしくなってくる。

いやはや万年筆で書くことが、こんなに快感だとは思わなかった。ペン先と紙とがつかず離れずで滑っていく。まさに滑らかに滑っていく。持つ手、そして触れる指先から伝わってくる感触が官能的ですらある。

書きたくなる。

Post-it Card-Note

ポストイットの新製品。財布にも入る、クレジットカードより二回りくらいちいさいサイズ。表紙と裏表紙がついていてむき出しではないところが新しい。逆に言うと、新しいのはそこだけでサイズ的には前からもある(はず?)。

W-ZERO3を買ってからも、やはり紙メモがほしい場面があるため、財布の中にポストイットを忍ばせていた。RHODIAのような普通のメモもいいのだが、ぺたぺた貼れるポストイットはちょっとしたメッセージカードだったりに使えてやはりとても重宝する。

ちょうどよいタイミングで出てきたので速攻で購入。15枚しかないけれど、あくまで緊急用だし補充・交換もきくから問題ない。

ちなみに同時新発売のMiniNoteも購入。こちらはRHODIA"11のケースに入れて試用中。これまたなかなかおもしろい。今までもなんどか、このケースにポストイットを入れようとしてうまくいかなかったのだけれどこれなら大丈夫。これだと、メモをそのままノートに貼り付けられるから転記の手間がない。とはいえ、転記せずに貼っていくと、頭的にも気持ち的にも整理がされないため、なんとなく好きではない。ということで、現在試行錯誤中。

Post-it® Style Notes
http://www.mmm.co.jp/office/post_it_style/index.html

[PR]痩せすぎ注意!12キロ痩せた裏技ダイエット

投票する<<<-あなたの1票がオヤジダイエットのはげみ

posted by うまけん | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 文房具:

2006年03月05日

メモするということ

メモ帳を常に持ち歩き、気になったことや思いついたこと、仕事上必要なことはもちろんのこと、さして重要と思わなくても、 とにかくメモする。そんな人に私はなりたくて、常にメモ帳を携帯している。

持ち運んでいるのはRHODIA"11。「あぁあれか」と言われがちな、表紙がオレンジ色のフランス製のあれである。 文房具好きの間だけではなく、このところ一般的にも一気に流行りまくっているあれとかこれとかのうちの1つ。

これを入れるためのケースというのがある。RHODIA"11そのものは150円くらいなのに、 ケースは革製で3000円くらいするものを使っている。あほか、と思われるかもしれないが、あほでもなんでもない。 千円札しか入っていない札入れのほうがよほどあほらしい。

だいいちこのケースを見つけたからこそ、RHODIA"11を使っているとすら言えるくらいだ。 RHODIA"11はメモ帳単体なので、当然だがペンは別に携帯することになる。RHODIA"11は尻ポケに入れるとして、 ペンはどうするのか? 同じく尻に挿してもよいが、すぐに尻に刺さるのは目に見えている。そこでこのケースなのだ。 脇についたペン差しがその課題を解決してくれる。

ところがかなり細いため、ほとんどのペンが入らない。デザイナーはいったいなにをしているのかわからんが、まぁしかたがない。 ならば入るペンを探すまでであって、探せばわりと簡単に見つかるものでもある。同じ店内に置いてあったそのペンは、 すなわちぼくがではなくお店がちゃんと見つけてくれておいたということで、そんなところがその店のすてきなところなのだ。

こうして手に入れたメモ帳。書くことがあろうとなかろうと、毎日ぼくの尻ポケにおさまっていた。メモ帳を持ち歩く、 あるいは身につける、という習慣はできた。持っていれば使うもので、これまたどんどんメモをとるようにもなった。 メモ帳そのものが安いこともあって、気軽にどんどんメモをする。

フランクリンにはまって、あの重たいバイブルサイズを持ち運びなにもかも書くんだとがんばっていた頃が懐かしい。そうなのだ、 あれはあれでいいと思うんだけど、バイブルサイズはちとでかい。がんばらないと身につけていられない。

メモ帳を持ち運び、なんでもかんでもそこに書く。あたかも外付ハードディスクのように使っておくことで、 本体である頭の中からその分の容量を減らすことができる。頭が軽くなるわけである。そうすることで、覚えておくためにではなく、 考えるために、頭を使うことができる。

情報を浴びているうちに、気づいたら溺れてしまっている自分に気づくことはないだろうか。頭がぼんやり熱を帯びてくるのは、 風邪なんかではなくて自分の容量を超えているからだ。自分の容量を超えてしまうなんて、自分が情けなくなりそうなもんだけれど、 それは容量が小さいからではなく、それだけの情報にアクセスすることができる方法や手段や経験があるということ。 もちろんメモリも増設したほうがいいけれど。

もちろん長期記憶と短期記憶だとか海馬だとかなんとかかんとかを超えた暴論なのだけれど、 メモをとるということはそんな頭を軽くすることができるかんたんなテクニックなのだ。

そんなこんなでぼくはメモを取り始めた。

そのうちW-ZERO3へとつづく。


[PR]痩せすぎ注意!12キロ痩せた裏技ダイエット

投票する<<<-あなたの1票がオヤジダイエットのはげみ

posted by うまけん | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 文房具:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。